放課後等デイサービス・児童発達支援

児童発達支援

心身の発達に障がい又は遅れや偏りのある未就学児を対象に、児童福祉法に基づく「児童発達支援」を提供いたします。 発達に心配のあるお子さまが、社会生活でも力を発揮できるよう小集団活動を通して、それぞれのお子さまに合った支援を、お子さまの成長に寄り添っておこないます。

 支援の基本方針

・一人ひとりに合わせた療育をおこない「できた!」の体験と気持ちの共有、「やりたい!」の自主性を育む。
・小集団における他者との関わりのなかで、共感・共有を促しコミュニケーションの楽しさを知る。
・ご家族との連携を通して情報を共有し、社会生活における自立につなげる。


 開所時間

営業日:月曜日~金曜日(祝日及び12月28日~1月3日はお休み)
1部:9時30分~13時(昼食を含みます)
2部:14時30分~17時(おやつ・補食はありません)
※幼稚園・保育園の後でも利用可能です。
※送迎はおこなっておりません。

 対象

発達にかたよりのある2~6歳の未就学児(受給者証の申請が必要となります)

 活動のようす

設定活動(製作・運動・戸外活動)と、月に数回、リズムやクッキングの活動があります。子どもたちの「やりたい!」気持ちを大切にしています。

リズム★あり ギター★あり

  歌って踊ろう!みんなでリズム♪      どんな音が出るかな?

クッキング★あり ozaki&tomo★あり

  出来上がりが楽しみ!クッキング♪     近くの公園へ!戸外活動♪

〇 ブログはじめました ⇨ ここからブログ
より詳しい日々の活動を知りたい方はこちらもご覧ください♪


 ご利用について

子育て相談やお困りのこと、お気軽にご相談ください。
施設の見学も可能ですので、まずはご連絡ください。
お問い合わせ・・・03-5315-7881(なごみ福祉会ここから 児童発達支援)


放課後等デイサービス

放課後等デイサービスは、障がいのある子どもたちに対し、放課後や長期休暇中においての療育の場(日常生活動作の指導、集団生活への適応訓練等)であるとともに、放課後等の居場所、また、レスパイトケア(ご家族に代わり一時的にケアを代替することで、日々の疲れ等をリフレッシュしてもらう家族支援サービス)としての役割を担っています。 原則として、就学児童が対象となっており(引き続きサービスを受けなければ、その福祉を損なう恐れがあると認められる場合は、満20歳に達するまで利用可能)、利用料は各ご家庭の所得に応じて上限月額をお住まいの自治体が定めます(利用の上限月額の満たない場合、放課後等デイサービスに定められた単位数の1割が利用者負担)。 利用するにあたって、市区町村で発行される通所受給者証が必要となります。利用者様の住民票がある市(区)役所にて申請してください。

images-2

 利用時間

平日(月~金):14:00~17:00(小学生) 14:00~18:00(中学生・高校生)
長期休暇:10:00~17:00(一律)
送迎サービスあり(エリアにもよりますのでご相談下さい)


 プログラム

〇〇 音楽療法 〇〇
なごみ福祉会の公益事業である「療育相談でんでん虫」により、毎週月曜日の午前・午後に、先生のピアノをリズムに、音楽療法を行っています。未就学児の小グループ、小学生グループ、中学生・高校生グループに分かれて、参加者に合わせて、タイコ、ベル、ウッドブロック、シンバルなど好みの楽器を使ってみんなで合奏したり、歌を歌います。集中を保てるような時間配分で、導入や声かけに工夫があり、みんなのペースに合わせて、楽しく過ごしています。

〇〇 クッキング 〇〇
火曜日の午後は、おやつを手作りしています。子どもたちは一生懸命、はかりで材料を量ったり、安全なナイフで材料を切ったりします。はじめはこわごわと卵を割っていた子どもたちも、上手に割ることができるようになっています。作ることを楽しみながら、経験を増やして、食に対しての興味を広げています。

〇〇 木工活動 〇〇
水曜日の午後は、木工活動です。アイテムは木工ですが、大好きな子どもと、大好きなことで遊びたいという純粋な気持ちで、共に楽しむことを目標にしています。木にやすりをかけたり、木に絵を描いたり、木をくり抜いて形を作ったり等…お庭のテーブルで、のんびりと過ごします。子どもの好奇心と自主性を上手く引き出す関わりで、ステップごと取り組むうち、しだいに興味がわいてきて、この時間を楽しみにしています。

〇〇 創作・アート 〇〇
木曜日の午後は、創作・アートの日です。メインには工作などの創作、音楽を活用して「楽しむ」「自分を表現する」を活動の目標に据えています。その中で子どもの「やりたい!」を共に相談しながらプログラムに取り入れています。(買い物へ行ってみたい、外で体をおもいっきり動かしたい、など)動物との触れ合いなど、プログラムの枠にとらわれず子どもの思いに寄り添っていきます。

〇〇 アート教室 〇〇
金曜日の午後は、アート教室です。思い思いに過ごす子どもたちに、できることを発見し、あるいは手添えのサポートをしつつ気持ちを高めて、自由な雰囲気の中、みんなに創作の喜びを感じてもらう関わりをしています。小さなことでも、何でも成功体験に結びつけたいと取り組んでいます。絵を描いたり、模造紙に絵の具で足跡をつけたり、寝転んだ等身大を絵にしたり、細かいことは気にしない自由な発想でいられる時間です。

〇〇 その他 〇〇
ここからの近くには公園が何か所かあり、天気の良い日は、サッカーをしたり、公園遊びをしています。また、室内では風船バレーをしたり、よさこいソーランを踊ったりして体を動かす活動も取り入れています。

 対 象

学校教育法に規定する学校(幼稚園、大学を除く)に就学していて、療育の必要の認められた児童(受給者証の申請が必要となります)

情報公開

「児童発達支援ガイドライン」及び「放課後等デイサービスガイドライン」に基づき、保護者の皆様にもご協力いただき実施させていただきました自己評価表について、集計結果およびそれを受けて職員会議でフィードバックした意見を公表致します。

平成30年度児童発達支援評価表
平成30年度放課後等デイサービス評価表
令和元年度児童発達支援評価表
令和元年度放課後等デイサービス評価表


お問い合わせ

児童発達支援では、新規児童募集中です。ご質問や見学、利用方法、サービスの内容など、ご不明な点は下記電話番号までお気軽にお問合せください。
℡ 03-5315-7881
PAGETOP
社会福祉法人なごみ福祉会 相談支援ここから 相談支援ここから